コーキング

接合部の隙間を
埋め補強する建構造の要

建築物の各接合部に生じた隙間からの浸水やカビの発生を防ぐためコーキングによって補修いたします。窓サッシや浴室の壁とバスタブの接地部にみられるひび割れを埋めることなどで防水性と気密性を上げ、建物への負荷を軽減いたします。入念な下地工事を基盤とした上質な施工をいわき市よりお届けいたします。

水まわりや窓辺、タイルの繋ぎ目など様々な接地部分の隙間を埋めて雨漏りや建材の腐食を予防いたします。雨や風から外壁を保護したり、窓からの隙間風や冷気を遮る働きが期待できます。約10年ごとを目安にコーキング材の塗り直しや交換が必要とされているため、外壁塗装やバスタブに亀裂や肉やせを見つけた際はご一報ださいませ。直ちに技術者がいわき市より施工に伺い、保護機能の強化を通じて建物の寿命を延ばす施工をお届けいたします。